実は怖い!ニベア青缶でのニキビケア|オイリー肌には逆効果

ニベアの青缶でオイリー肌のニキビは治るのか

nibea2花王から販売されてる「ニベアの青缶」
乾燥から肌を守る人気の保湿クリームですね

あの高級美容クリーム ドゥラメールと配合されてる成分が似ているという事で話題になり、ニキビに効くという意見もチラホラ。

そこで今回は、「オイリー肌のニキビでも治るのか?」という疑問をお持ちの方に、ニベアとオイリー肌の相性について解説します。

普段からヌルヌルしてるオイリー肌なのに、
ニベアを塗っても本当に大丈夫なのか?

乾燥肌のニキビ予防ならニベアは効果的ですが、オイリー肌には逆効果になるので、脂症肌の人は十分気をつけてください。

あのベタつきはオイリー肌に逆効果

ニベアの一番の特徴は、肌を守る効果。
油分たっぷりの保湿成分が、肌をたっぷりコーティングして乾燥から肌を守ります。

ニキビが無く、乾燥肌の人ならニベアも効果的なんでしょうが、皮脂分泌が多いオイリー肌でニキビが繰り返す人は、毛穴を詰まらせてしまう原因になり逆効果になります。

ニベアの成分が毛穴を詰まらせてしまい、
アクネ菌・バクテリアを一気に繁殖させて、
炎症を悪化させてしまいます。

ニベアにはニキビケアで一番重要な殺菌成分は一切入っていません。
油分の保湿成分のみで作られてます。


⇒大事なのは皮脂分泌を減らすニキビケア

ニベアのガッテン塗りは危険

ニベアの青缶の話になると、必ず出てくるのが「ニベアのガッテン塗り」。以前NHKで放送され話題になった方法ですが危険です。

ガッテン塗りは洗顔後の肌にベッタリとニベアを塗る方法ですが、皮脂量が多いオイリー肌の場合、顔のテカリがひどくなります。

ただでさえ、脂でギトギトの肌なのに、油分たっぷりのニベアで保湿すると、そりゃあもう大変です。顔がテッカテカになります。

また、ニベアには水分を補う効果もありませんから、乾燥肌の人でも効果はありません。


⇒オイリー肌のニキビなら毛穴の殺菌が重要

ニベアでは炎症したニキビは治らない

ニベアは肌を保護する効果はありますが、
炎症した赤いニキビを治す事はできません。

ニベアの成分は、人工の保湿成分のみで作られていますから、炎症を抑える成分も、アクネ菌を殺菌する成分も配合されていません。

つまり、炎症や菌を抑える薬用成分が全く入っていないので、ニキビは治らないのです。

ただ、保湿効果が高いので、肌のターンオーバーを整えて、バリア機能を高める事はできます。ニキビの予防には効果的でしょう。


⇒ニキビを治すにはこんな殺菌洗顔が必要

保湿よりも大事なのはクレンジング

オイリー肌でニキビが繰り返す人は、保湿よりもクレンジングの方が重要です。

ニキビケアの基本は「ちゃんと落とす事」

メイク・雑菌・汚れ・皮脂というようなニキビの原因菌を繁殖させるような物質を、毎日ちゃんと落とす事が何よりも大切です。

洗顔前のクレンジングは、その後の洗顔料の効果を十分に発揮させるために最も重要。

オイリー肌の人は、メイクや汚れ・殺菌が毛穴の奥までビッチリ付着してしまうので、肌質に合ったクレンジングを使う事が必要です


⇒3種類のオイリー肌に最適なクレンジング

オイリー肌のニキビを治すのは「殺菌」

皮脂分泌が多すぎるオイリーニキビを治すために必要なのは、毛穴内部の殺菌力と、ニキビの炎症を早く抑える薬用効果です。

ニキビは肌の病気ですから、炎症を放置していたり、間違った治し方を続けていると、ドンドン悪化してニキビ跡に発展します。

ニベアの青缶は、乾燥から肌を守るのが目的であり、ニキビを治すのが目的ではありません。殺菌効果も抗炎症作用も無いのです。

ニキビを治すのは、ニキビの原因菌であるアクネ菌・バクテリアの殺菌と、炎症を抑えて、赤みを消す薬用成分なのです。


⇒ニキビ専用 殺菌洗顔|実際に使った結果

まとめ -オイリー肌とニベアの相性-

ニベアでオイリーニキビは治りにくい

ニベアはあくまでも乾燥から肌を守るための保湿クリームです。とくにニベアの青缶のような、油分たっぷりのクリームはベタつき感があり、毛穴に詰まってしまいます。

オイリー肌のニキビを治すために必要なのは、毛穴の内部にこびり付いたニキビ菌を殺菌して、常に清潔な状態をキープする事。

つまり、ニベアをどんなに塗って保湿しても
ニキビ菌の殺菌はできず、赤く腫れたアクネ菌の炎症を治す事はできないのです。

もちろん、ニベアの保湿力はスゴイので乾燥や刺激から肌を守る事はできます。ただ、ニキビを治すために使うのはちょっと違います

オイリー肌のニキビやテカリを治すのは、
毛穴の奥まで殺菌して炎症・赤みを抑え、
皮脂量を少量にするような薬用洗顔です。


⇒ニキビ専用 殺菌洗顔|実際に使った結果








人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ