脂肌・ニキビ肌を治す洗顔|超微粒子の粒がヌルヌル肌を修復

hann3脂肌(オイリー肌)・ニキビ肌を治すために、洗顔を徹底してるのはもちろん、食生活や生活習慣も変えたのに全然治らない…。

こんなヌルヌル肌で悩んでいませんか?

現在、ちゃんと洗顔してるのに脂肌やニキビが治らないという人は、間違った洗顔方法やスキンケアが原因で、逆に悪化させてしまってる可能性が非常に高いといえます。

肌のヌルヌルやニキビは確かに皮脂分泌が多い脂肌によくみられるのですが、洗いすぎや落とし過ぎはかえって皮脂が多くなります。

悪化したニキビや脂肌も肌に負担をかけずに治すスキンケアの方法を解説していきます。


⇒絶対NG!間違ったオイリー肌のニキビケア

長年のニキビ・脂性肌を治す洗顔料

皮脂は悪くない、量が問題なのです

ニキビやオイりー肌というと、多くの人が皮脂が出るのが原因と思わいがちですが、皮脂自体は肌に必要。分泌量さえ適量であれば肌のバリア機能を保つために必要なのです。

皮脂を多くしてる原因は「洗顔」

洗顔のし過ぎや、粒が大きいスクラブ洗顔では肌への刺激が強すぎるので、逆に肌の防御反応により皮脂量が増えてしまいます。

脂肌・ニキビ肌を治すためにやってる洗顔が
逆に皮脂量を多くさせてる可能性があります

ずっとニキビが治らない人や、テカリが気になる人は、低刺激の薬用洗顔で毛穴奥をケアする事でサラサラで綺麗な肌になります。


⇒実際の使用感と感想です|1ヶ月後の写真

毛穴の奥まで洗浄・殺菌

ニキビや脂肌を改善するためには、毛穴の奥まで綺麗に洗顔事が大事。

洗顔後、肌がヒリヒリしたり化粧水がしみるのは、洗顔料の粒子が大きくて必要な角質を剥がし過ぎたり、肌に強い刺激を与えてしまってる可能性が非常に高いです。

このような状態のときは、洗顔料を見直して肌やニキビに刺激を与えないマイクロビーズの薬用洗顔料で洗顔する事がポイント。

ニキビや、ヌルヌルした脂肌の原因である
「多すぎる皮脂」を少なくする事ができ、

肌や毛穴に刺激を与えず、毛穴の奥深くまでシッカリ浸透し、こびり付いた汚れ・雑菌を残さず洗浄・殺菌する事ができるのです。

奥まで清潔になった毛穴の奥に、高濃度のビタミンC誘導体を届ける事で、多すぎる皮脂を適量にし、ニキビ・脂性肌が治ります。


⇒日本一の販売実績|ほら、赤みがこんなに

多すぎる皮脂を抑えるのはビタミンC

オイリー肌・脂性肌のテカリやヌルヌル、
赤く炎症して消えないニキビを治すには、
高濃度ビタミンCが一番効果的なのですが

重要なのは、高濃度ビタミンC誘導体を
シッカリ毛穴の奥深くまで届ける事。

一般的な洗顔料では、毛穴の奥まで洗浄・殺菌できていない場合がほとんど。毎日洗ってるのに毛穴内部は汚れたままという状態なので、ビタミンCが全く浸透しないのです。

毛穴奥まで洗浄して浸透しやすく

皮脂を分解・菌を殺菌するサリチル酸と
ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸の
2つの成分が入った洗顔料で洗う事で、
毛穴の奥深くまで殺菌洗浄して清潔にします

これで高濃度ビタミンC誘導体が毛穴奥まで浸透して、多すぎる皮脂を少なくし、テカリ・ニキビ・ヌルヌル顔が短期間で治せます。


⇒テカリ・赤ニキビを同時に治すポイント

ニキビ・テカリを悪化させないために

洗顔料の刺激が強すぎると皮脂量が増えて毛穴が広がるので、脂肌特有のテカリやヌルヌル、毛穴の黒ずみが増えて目立ちます。

広がった毛穴は皮脂や汚れが入りやすくて、
黒く目立ちイチゴ状態になってしまいます。

すると、お化粧してもすぐにヨレてきてテカリ出し、ニキビで荒れたブツブツ肌や開いた毛穴が遠目でもバレてしまいます。

ニキビ肌やテカリ肌は、不潔っぽいイメージを与えてしまう可能性がありますので、ぜひ毛穴奥から洗う薬用洗顔を行ってください。

脂肌・ニキビ肌の原因の「多すぎる皮脂」を少量に抑えてくれる薬用成分が、毛穴の奥まで届いて透明感のあるサラサラ肌にします。


⇒1ヶ月で赤ニキビがここまで完治しました

超微粒子の粒が毛穴奥を洗浄・殺菌

大切なのは毛穴の奥から治す事

ナノ化された超微粒子のマイクロビーズの洗顔ならニキビや肌に刺激を与えることなく、毛穴の奥まで入り込み、こびり付いた皮脂や雑菌を徹底的に除去することができます。

毛穴の奥深くまで殺菌・洗浄できたら、
皮脂分泌量を適量にする成分、高濃度ビタミンC誘導体がグングン浸透するので、テカリやヌルヌルの脂性肌は短期間で治ります。

また高濃度ビタミンC誘導体は、美白効果と毛穴の引き締め効果にも優れているので、
赤み・ニキビ跡・開いた毛穴を治せます。


⇒実際に使用した感想を詳しくまとめました








人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ