オイリー肌ならこのビタミンC誘導体|毛穴の奥まで届く効果

オイリー肌用ビタミンC誘導体

uiiijhi1オイリー肌でテカリやヌルヌル、毛穴の開きが目立ってたり、ニキビが繰り返しできる人は、洗顔後の肌に高濃度ビタミンCを浸透させると脂っぽい肌質が改善されます。

ただ、ビタミンC誘導体には濃度の違いや、浸透力の違いがあり、全てが同じという訳ではないので注意してください。

使用するビタミンCによっては、短期間でオイリー肌のテカリやニキビが治る場合もありますし、逆に全く効果が無い場合もあります。

今回の記事では、オイリー肌のテカリ・ニキビ・毛穴の開きなどを短期間で治すための、
ビタミンC誘導体について詳しく解説します。


⇒洗顔次第で1ヶ月でここまで改善します

浸透力のある高濃度ビタミンCが効果的

毛穴奥まで届くビタミンCを使う事

ビタミンC誘導体と書いてあれば、全ての商品が同じ効果を出せるわけではありません。

毛穴の奥、肌の奥深くまで浸透できるような微粒子のビタミンCでないと意味が無いのです

高濃度でなければ効果が無い

たとえ奥まで届いても、濃度が薄くては効果も薄いし、毛穴や肌の改善も期待できません

ビタミンC誘導体は、様々なスキンケアに使用されてる成分ですが、その多くはコストを抑えるために濃度が非常に薄いのです。

高濃度で浸透力の高いビタミンCを
清潔な毛穴の奥に届ける事ができれば
ニキビ・テカリ・毛穴の開きは治ります


⇒実際に使用して感想をまとめてみました

オイリー肌の原因を全て解消

殺菌洗顔後のビタミンCが効果的

オイリー肌といえば、テカリやニキビが代表例ですが、これは皮脂が多すぎる事が原因。

毛穴の開きも同じで、毛穴から排出できなかった皮脂や汚れが、毛穴に溜まり徐々に毛穴を広げて、黒ずみが目だっていくのです。

これを解決するのが、殺菌洗顔と高濃度ビタミンC誘導体でケアしていく事。

毛穴の内部を殺菌して皮脂・汚れ・雑菌を排除して、高濃度ビタミンCの効果により、多すぎる皮脂量を少なくする事ができます。

オイリー肌の悩み全てが、解消されます。


⇒殺菌と高濃度ビタミンC|1ヵ月後の写真

毛穴内部の殺菌後|ビタミンCを塗る

どんなに高濃度のビタミンC誘導体でも、肌表面の毛穴が詰まった状態では、肝心の毛穴内部に浸透させる事ができません。

毛穴内部に浸透させるために、超微粒子の洗顔料で肌を痛めず、角栓を溶かす事が必要。

毛穴内部のこびり付いた汚れや皮脂を殺菌・洗浄できる洗顔料で洗顔する事が重要です。

ビタミンCを浸透しやすくするために

ビタミンC誘導体の効果を発揮させる為には
毛穴内部の殺菌・洗浄が必ず必要です。

綺麗になった毛穴内部に、高濃度のビタミンC誘導体を浸透する事で皮脂が抑えられて、毛穴も引き締まり肌質が改善していきます。


⇒実際に使ってみて1ヵ月後の経過写真

ニキビ、毛穴の開きが悪化する前に

開いてしまった毛穴やニキビは、放置していても自然に治る事はありません。

毛穴の開きが目立ってくると、ついつい厚化粧になり、オイリー肌の皮脂の多さで、よれたりテカったりして肌の汚さが目立ちます。

ニキビや毛穴の開きは、老けて見えます。

オイリー肌の人の場合、毛穴の内部まで殺菌・洗浄できる洗顔をして、毛穴の奥に高濃度ビタミンCを届ける事でスベスベになります

清潔な毛穴とビタミンCがポイントです。


⇒真っ赤なニキビ跡が完治♪使用者の動画

即効性があるのは奥まで届くビタミンC

ビタミンC誘導体は浸透しにくい

ビタミンCという成分は本来、肌に浸透しにくい性質があります。ですから人工的に「誘導体」という成分に作られているのですが、

肌・毛穴奥まで浸透する「ビタミンC誘導体」とは、超微粒子にナノ化され、肌の奥深くにある「真皮層」まで届くビタミンCの事。

肌・毛穴の奥に浸透し、皮脂を抑える

超微粒子の高濃度ビタミンCを清潔な毛穴に浸透させる事で、皮脂量が少なくなり、テカリ・ニキビ・毛穴の開きを治す事ができます


⇒実際に使用してみた感想をまとめました








人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ