過剰皮脂を抑えるニキビ用洗顔|薬用成分が毛穴奥まで浸透

皮脂を抑えるニキビ用洗顔

senga2顔のベタベタ感がひどくて、洗顔してもニキビが繰り返すのがオイリー肌の特徴です。

ニキビは、皮脂が多すぎて毛穴に詰まる事が原因。皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖しやすくなるからニキビが繰り返すのです。

つまり、ニキビを治して肌をサラサラにするには、過剰な皮脂を適量に減らす事が重要。

多すぎる皮脂を抑える薬用成分を、毛穴奥に浸透させる事でニキビや脂性肌は治ります。

繰り返すニキビや、顔のベタベタ感を治したい人は、多すぎる皮脂を少なくする薬用洗顔をする事で短期間で改善できます。


⇒実際の薬用洗顔の効果|1ヶ月でここまで

ただし、皮脂の落とし過ぎは厳禁

洗いすぎ・ゴシゴシ洗いは逆効果

ニキビや顔のヌルヌル感を治すために、ゴシゴシ洗って必要以上に皮脂を落とし過ぎる人がいますが、肌に悪影響なのでやめて下さい

本来、皮脂というのは肌のバリア機能を守るために、皮膚をコーティングする役割がありますから落とし過ぎてはいけません。

一日に何度もゴシゴシ洗ったり、刺激の強い洗顔料(皮脂を落とし過ぎる物)で洗い過ぎると、肌に必要な皮脂まで落としています。

洗顔で皮脂を落とし過ぎると、バリア機能が壊れ、肌や毛穴内部が乾燥する事になり、逆に皮脂量を多く分泌させるので危険なんです

ニキビを治すには、皮脂を落とすだけの洗顔ではなく、皮脂量を適量にして毛穴の奥まで薬用成分を浸透させる洗顔が効果的です。


⇒皮脂を適量にする薬用洗顔|使用した感想

皮脂を抑える薬用洗顔が効果的

現在、そのニキビが治せてないのは、今使っている洗顔料では、多すぎる皮脂を正常な量に抑える事が出来ていないからです。

皮脂を抑えて、赤く目立ったニキビを治すには、毛穴の奥まで「皮脂を少なくする成分」と「炎症を抑える成分」を浸透させる事。

そのためには、小さい毛穴にも浸透するような微粒子の薬用成分が必要になります。

毛穴の奥まで薬用成分が届いて多すぎる皮脂と炎症を抑えるので、ニキビやニキビ跡、ベタベタするオイリー肌も治す事ができます。


⇒毛穴奥に届く薬用洗顔|使用して1ヵ月後

オイリー肌にはサリチル酸が効く!

皮脂が多すぎるのがオイリー肌の問題点。
ニキビ・肌のテカリ・肌の赤み、毛穴の開きなど様々な肌トラブルを引き起こします。

このような肌質に効果的なのが、サリチル酸配合の洗顔料。雑菌・バクテリアなどのニキビの原因菌を残さず殺菌してくれます。

また、ピーリング効果にも優れているので、

  • 古く硬くなった角質を落とす
  • 酸化した皮脂を落とす
  • ターンオーバーを整える

このような働きがあるので、肌と毛穴を清潔に保ちながら、皮脂量も適量抑えるのです。

赤く炎症したニキビも早く治ります。


⇒実際に使ってみた1ヵ月後の感想はコチラ

洗顔後の美容液と薬用クリームがポイント

洗顔だけでは原因は解決できません。

オイリー肌の人だけではありませんが、ニキビや過剰な皮脂分泌を治すには、洗顔だけでは不十分。肌質を整えるケアが必要です。

ニキビを治す場合は、洗顔で清潔になった毛穴に、グリチル酸のような炎症を抑える美容液(化粧水)を浸透させる事が重要です。

ニキビの炎症を抑える効果があり、アクネ菌の繁殖も防ぐのでニキビが早く治ります。

また、高濃度ビタミンC誘導体も効きます。
ビタミンCには皮脂量を適量にする効果があり、オイリー肌の人は肌がサラサラに変化。


⇒実際の薬用洗顔の効果|1ヶ月後の写真


ニキビ跡も治す高濃度ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は美白効果があります。
ニキビ跡の赤みやシミのような色素沈着を、肌の内側からグングン消してくれます。

  • メラニンを消して跡を治す
  • 皮脂量を適量にコントロール
  • 毛穴を引き締めて目立たなくする
  • 肌の凸凹を無くしツルツルにする

薬用洗顔で洗った後、グリチル酸やビタミンC誘導体などで肌質を整える事で、ずっと治らなかったニキビでもキレイに治せます。


⇒これが私のビフォーアフター写真です。

まとめ オイリー肌のニキビを治すには

シッカリ汚れを落とし皮脂を抑える事

オイリー肌の繰り返すニキビを治すには、
毛穴の中を清潔に保ち、ニキビの原因菌を殺菌し、過剰な皮脂を抑える事がポイント。

ニキビやニキビ跡だけでなく、テカリやギトギト感、毛穴の開きや毛穴の黒ずみといったオイリー肌独特の悩みも解決できます。

日本で一番売れてるニキビ用洗顔料

有効成分を毛穴の奥まで届けるから、赤く広がった炎症したニキビや、長年消えなかったニキビ跡もキレイに治す事ができます。


⇒実際に使用した結果|1ヵ月後の写真です














毛穴奥を殺菌して皮脂を抑える小さな毛穴奥まで浸透して、ニキビを治す薬用成分とはどんな成分でしょうか?多すぎる皮脂と、古くなった角質が混ざり合って角栓ができます。角栓を排除し、毛穴奥で繁殖しているアクネ菌や雑菌を99.9%殺菌出来る薬用成分。アクネ菌達の炎症を抑える抗炎症作用・抗菌作用がある薬用成分の2つです。この成分は、ニキビ治療の現場でもよく使用さるていますので安心してください。2つの有効成分配合の薬用洗顔が、毛穴奥に浸透する事で、初めて効力を発揮できます。殺菌・抗菌できた毛穴は、毛穴詰まりがなくニキビが出来ない肌質に改善してくれます。中々治らなかったニキビが消えて、毛穴も閉じているすべすべ肌になっていきます。ニキビが悪化する前に治す事が大切。毛穴奥に薬用洗顔が浸透しない場合、毛穴は詰まり角栓が出来てニキビが悪化します。今までも悩んできた赤ニキビとテカリが、悪化すると顔全体に広がり、黄色ニキビに進行してしまうかも?黄色ニキビになると、改善してもニキビ痕が残り、赤黒いシミが残るだけです。周りの人達に、「早く治したら?」や「汚なそう」と陰口を言われる可能性があります。しかし薬用成分が毛穴奥に浸透する事で、赤ニキビは炎症が治まり、短期間で治ります。ニキビの出来にくい肌質になり、ニキビが繰り返す事はありません。赤く腫れた顔は、炎症が治まり赤みや腫れも消えます。過剰皮脂でヌルヌル・ベタベタだった肌は、サラサラの肌になるのです。周りの人からは、「ニキビ治ったネ」や「肌がきれいになって羨ましい」と言われます。皮脂を抑える事で変わる肌。薬用成分が、毛穴奥に浸透する事で殺菌・抗菌・できた後、多すぎる皮脂分泌を適量に抑えてくれる「高濃度の有効成分」を毛穴奥に浸透させる事が重要です。過剰皮脂を適量に調整してくれる成分は、ビタミンCです。「高濃度」でなければ過剰な皮脂を、しっかり抑え適量に調整する力が弱く結果が期待できません。高濃度ビタミンCの効力で、過剰な皮脂が治まりヌルヌルや顔に広がったニキビが、短期間で改善します。過剰な皮脂やニキビが消えた後も、高濃度ビタミンCの効果でずっと憧れていた「きめが整い・色白ですべすべの肌」へと生まれ変わっていくのです。


人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ