敏感な赤ニキビでもOK|低刺激で肌に優しい洗顔ブラシ

ニキビを治す洗顔ブラシ

bura3ニキビを治すには洗顔が最も重要です。

とくにオイリー肌やニキビの炎症が目立ってる人は、毛穴奥の雑菌や汚れを、どれだけ洗い落とせるかでニキビの治りが変わります。

そんな洗顔で毛穴の奥の汚れや雑菌を綺麗に落とすのに効果的なのが、電動洗顔ブラシ。

洗顔料をブラシにつけてスイッチを入れるだけで、毛穴の奥や、肌の角質の溝の汚れ・雑菌・皮脂を綺麗に洗い落とす事ができます。

ただ、洗顔ブラシといっても目的に応じて違いますので、今回は敏感肌でニキビを治す際に効果的な電動洗顔ブラシを解説します。


⇒洗顔ブラシの人気ランキングの一覧です

ニキビのために開発された電動洗顔ブラシ

素手で洗うよりも低刺激|汚れも落ちる

ニキビ肌に洗顔ブラシは危険という意見もありますが、低刺激で柔らかい毛で作られた電動ブラシなら、ニキビケアに最適なんです。

  • 実は素手洗いより低刺激
  • 毛穴奥・角質の溝の汚れも落とせる
  • 顔全体の毛穴をムラなく洗浄できる
  • 血流改善・マッサージ効果
  • 毛穴が目立つイチゴ鼻とか一発で解消

ニキビ専用の洗顔ブラシは、このような効果があり、肌にとっても低刺激です。ニキビが赤くなってる人こそ効果が実感できます。

薬用の洗顔料と合わせる事で、ずっと悩んできたニキビやニキビ跡が短期間で治ります。


⇒私が実際に使った1ヵ月後の写真と感想

柔らかいブラシだからこそニキビに最適

ニキビに刺激は厳禁。洗顔ブラシの摩擦なんて絶対にダメ!こんな意見を言う人もいますが、実際はその逆でニキビを治したい人こそ、洗顔ブラシで丁寧に洗顔してください。

洗顔は歯磨きと同じで、いかに汚れや雑菌を洗い流せるか?が重要です。洗顔も歯ミガキも奥に汚れや雑菌が残ってると悪化します。

皮膚科の先生でも電動洗顔ブラシを使用

歯みがきでも同じ事が言えますが、素手で洗った場合と、電動ブラシで洗った場合では、汚れの落ち具合が全然違います。

とくにニキビは、毛穴に汚れ・雑菌・皮脂を残さない事が重要。皮膚科のお医者さんでも、電動の洗顔ブラシを使う人が多いのです。


⇒日本一売れてる洗顔と電動ブラシの使用感

洗顔料との組み合わせが大切

洗顔ブラシって高い物から安い物まで色々ありますが、一番大切なのは洗顔料との組み合わせです。どんな洗顔料で洗うかがキモ。

洗顔ブラシの値段は安くてもいいんです。
柔らかい毛先で電動のブラシなら大丈夫。

ですが、洗顔料だけはニキビを治す薬用効果のある物でないと、どんなに丁寧に洗顔ブラシで洗ってもニキビの炎症は進行します。

逆に、電動の洗顔ブラシと薬用のニキビ用洗顔を組み合わせる事でニキビは治せます。


⇒実際に使用した感想|1ヵ月後の写真です

プロアクティブのクレンジングブラシは?

赤く炎症したニキビにバツグンの効果

プロアクティブは刺激が強いとか、痛いとか言う意見がありますが、それは昔のプロアクティブの話。2013年に新しくなってからは、全成分が改良され、刺激が無くなりました。

また、毛穴の奥まで浸透する成分だけで作られており、付属の洗顔ブラシで洗うだけで、毛穴の奥までシッカリ殺菌する事ができます

しかもプロアクティブの洗顔ブラシは無料。
防水性・耐久性にも優れており、無料にもかかわらず、他のブラシよりも長持ちします。


⇒実際に使い1ヵ月後でこんなに治りました










人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ